ポンタとnanacoはどっちがお得?|電子マネー機能の必要度と利用頻度

スポンサーリンク

 

近所や通勤途中、会社の近くにあるコンビニが2種類以上あると
その日の気分によって利用できるのでいいですよね。

 

 

私の会社の近くにも、ローソンとセブン・イレブンがあるので、
日によって使い分けています。

 

 

お弁当やお惣菜的なものを見るとどうしてもセブン・イレブンが
強いような気がするのですが、たまには違った味が良くて、
ローソンのお弁当を買うことも有ります。

 

 

コンビニのお店として比べるとセブン・イレブンが一枚上かなと
思いますが、コンビニを利用する要素はそれだけではないです。

 

 

セブン・イレブンにはnanaco、ローソンにはPontaという
それぞれ自社のカードがあるので、ポイントを貯めたいというのも
コンビニを利用する要素の一つになります。

 

 

ただ、nanacoはポイントカードというよりは、電子マネーなので
純粋なポイントカードではないので、チャージするのがいやだと
nanacoは使えませんし、ポイントも貯まりません。

 

 

それでも、nanacoはセブン・イレブンだけじゃなくて、
イトーヨーカドーを始めセブン&アイグループのお店で
使えるので、両方で利用するのなら便利かもしれません。

 

 

実は、私はカードだけでみるとnanacoよりもPontaの
方が使いやすいし、ポイントも貯まりやすいと思っています。

 

 

その理由は、Pontaは現金で買い物するときでももちろん
ポイントが貯まりますが、クレジットカードで買い物をした時にも
クレジットカードのポイントとは別にPontaのポイントも貯まります。

 

 

nanacoは電子マネーなのでこれは出来ません。

 

 

多分、セブン・イレブンとローソンは同じぐらいの頻度で
利用していて、Pontaもnanacoもポイントを
貯めていますが、Pontaの方がポイントが貯まっています。

 

 

それにローソンのJMBローソンPontaカードは、
nanacoのチャージでもPontaポイントが貯まるので、
上手に併用すると両方のポイントを貯めることも出来ます。

 

 

こうやって、比べてみるとコンビニを利用する理由って、
いろいろあるものですね。

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

コンビニでお得なクレジットカードは?|還元率と何に使えるかが決め手
コンビニでお得なポイントカードを考えるときには、買い物で利用した時のポイント還元率とポイントを何に使えるのかが重要。モバイルEdyとJMBローソンPontaカードを組み合わせて使えば、お試し引換券を有効利用することでポイントのお得感もアップするのでPontaがお得。
PontaとTカードはどっちがお得?|よく利用するコンビニで選ぶ
PontaとTカードどちらがお得でしょうか。使える店舗はTカードが多いですが、どちらもコンビニ、ガソリンスタンド、飲食店など普段の生活に必要なお店は一通り揃っています。近所にPonta提携店とTカード加盟店どちらもあるのなら両方貯めるのもありかも。