公共料金のクレジット払いでポンタ|ポンタポイントに集約するならこれ!

スポンサーリンク

 

ポイントカードやクレジットカードのポイントは、
一枚メインカードを決めて集中させるのがたくさんポイントを
貯めるコツと言われていますが、あなたはどうしていますか?

 

 

特に、PontaやTポイントのように、いろいろなところで
使うことができる共通ポイントだと、使えるところが多いので、
自然とポイントが貯まるのでそこまでしなくてもいいかなと思ってしまいます。

 

 

しかし、実は逆でいろいろなところで使えるポイントだからこそ、
そのポイントに貯めるポイントを集約することが
やりやすいので、一つに集めるべきなんです。

 

 

普通に現金払いしているだけでも、そこそこのポイントが
貯まっているということは、そのお店をよく利用しているということなので、
そのポイントを貯めるためにクレジットカードを作るのも一つの方法です。

 

 

例えば、Pontaの場合だと、JMBローソンPontaカードという
クレジット機能がついたPontaカードがあるので、
そのカードに切り替えます。

 

 

そして、普段の買い物は現金払いするほうがポイントが
たくさん貯まるお店では現金払いで買い物をして、
クレジット払いの方がポイントが貯まるお店では
クレジット払いで買物をするんです。

 

 

基本的には、Pontaの加盟店になっているところは、
現金で買物をするか他のクレジットカードでクレジット払いにして、
JMBローソンPontaカードを提示するのがいいかもしれません。

 

 

さらにPontaカードにポイントを集中させるために、
口座振替やコンビニ払いなどで払っている公共料金や携帯料金など
JMBローソンPontaカードでクレジット払いにできるものを
全てJMBローソンPontaカードで払うようにします。

 

 

これで、いろいろなところで貯めていたポイントを
Pontaカードに集中させることができます。

 

 

もし、公共料金などを口座振替やコンビニ払いにしていた場合には、
ポイントが貯まらなかったものでも、ポイントを貯めることが
できるようになるんです。

 

 

スポンサーリンク